年中行事

  • TOP
  • 年中行事

山ノ手七福神めぐり

七福神とは

七福神の信仰は、遠く室町時代中期『仁王般若経・下巻』にある「七難即滅・七福即生」という言葉に源を発し、それ以来『幸福を招く信仰』として広く庶民の間に広がったものです。
毎年お正月に、一年の福を招来するため、七福神を安置する神社・仏閣に参拝し、心から幸福を祈る行事であります。

新宿山ノ手七福神めぐり公式ホームページ

山ノ手七福神めぐりコース順一例

神楽坂 毘沙門天(善國寺) TEL:03-3269-0641
→牛込柳町 大黒天(経王寺) TEL:03-3341-1314
→抜弁天 弁財天(厳島神社) TEL:03-3351-5875
(西向天神)
→新宿7丁目 福禄寿(永福寺) TEL:03-3203-8910
→新宿6丁目 寿老人(法善寺) TEL:03-3351-4080
→新宿2丁目 布袋尊(太宗寺) TEL:03-3356-7731
→歌舞伎町 恵比寿神(鬼王神社) TEL:03-3200-2904

なお、7箇所周るための所要時間は徒歩=約2時間半、電車利用=約1時間半となります。

当七福神の縁起もの

当七福神の縁起もの

七福神尊像1体400円
宝舟1,000円
となります。

※なお、各寺社には対応する尊像しかございません。
7箇所全て周られませんと7体そろいませんのでご注意ください。

宝舟は毘沙門天、布袋尊、恵比寿神においてのみ頒布しております。

御朱印

御朱印
台紙800円(お求めの寺社の朱印は押印済)
その他の各寺社の朱印代は300円となります。

節分豆まき式

無病息災を一心に祈る善男・善女
無病息災を一心に祈る善男・善女

元来は中国で大晦日に悪鬼を追い払う行事として行われてきたもの。仏教とともに日本に伝わり、宮中行事から神社仏閣でも行われるようになった。
豆を投げて鬼を追い払い、「鬼は外、福は内」と大声で唱え、除災得幸を祈る行事。当山では毎年2月3日14時より二百余名がお加持を受け、豆をまいている。

神楽の奉納は15時、豆まきはおよそ15時半から。年男・年女はもちろん、そうでない方でも豆をまきたい方は是非お申込み下さい。
初穂料は5,000円です。(お土産もつきます)詳しくはお電話、又はメールでお問い合わせください。

鬼は外!福は内!
鬼は外!福は内!
奉納演芸、獅子舞
奉納演芸、獅子舞

節分会に際しまして下記の方々にご協賛いただきました。厚く御礼申し上げます
〈順不同・敬称略〉 平成29年2月3日

  • 神楽坂通り商店会
  • 神楽坂料理飲食業組合
  • 東京神楽坂組合
  • 神楽坂四丁目公和会
  • アサヒビール株式会社
  • キリンビールマーケティング株式会社
  • サッポロビール株式会社
  • サントリー酒類株式会社
  • 株式会社ビルディング企画
  • 大川商店
  • 五十鈴
  • 銘茶楽山
  • 株式会社大宗
Adobe Reader

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。
※お持ちでない方は左バナーよりプラグインをインストールしてください。

花まつり

4月8日はお釈迦様のご生誕された日です。
お釈迦様がお生まれになった時、竜が天から香湯を注いだという話があり、日本では古来よりお釈迦さまに柄杓で甘茶をかける習慣があります。
当寺院においても5~8日にお釈迦様の像を安置し、参拝された方に甘茶をかけていただいております。また甘茶のお持ち帰り用パックを1つ100円で販売しております。
売り上げは全てアジアの恵まれない方に寄付をさせて頂いております。

※平成28年は17,554円をBAC佛教救援センターに寄付いたしました。ご協力ありがとうございました。

釈尊像:生後7歩進まれ、天地を指差し「天上天下唯我独尊」とおっしゃり、衆生を苦しみから救う決意をなされたといわれる。

釈尊像:生後7歩進まれ、天地を指差し「天上天下唯我独尊」とおっしゃり、衆生を苦しみから救う決意をなされたといわれる。

ひしゃくで甘茶をかけます。
ひしゃくで甘茶をかけます。

お会式

お会式

10月13日の日蓮聖人のご命日に聖人を追恩して行われる法要。
昔は御影講(みえいこう)、報恩会(ほうおんえ)などと呼ばれた。
当日はマトイを先頭にうちわ太鼓と鐘がリズミカルに打たれ、桜花を満開につけた万燈行列が華やかに明かりを点滅させながら行進する。
当山では毎年10月14日夕方16時より報恩法要を執り行い、夜18時20分から万燈行列が神楽坂坂下より威勢よく練り歩く。

お会式
お会式

ほうろく灸

夏の土用の時期に行われる日蓮宗の修法行事。
江戸時代から続けられているまじないで頭に「ほうろく」をかぶせ、その上に火のついたもぐさを乗せて祈祷を行い、頭痛封じ、夏負け、夏バテ防止のご利益を得ることが出来る。
当山では7月下旬のほおずき市の最中に実施している。

尚、平成28年は7月28日(木)の15時と17時の2回行います。初穂料は3,000円です。詳細はお電話(03‐3269‐0641)にてお問い合わせください。
東京の祭りサイトにも紹介されています。

Adobe Reader

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。
※お持ちでない方は左バナーよりプラグインをインストールしてください。

ほうろく灸
ほうろく灸

お問い合わせ

TEL : 03-3269-0641
受付時間 9:00~18:00

FAX : 03-3269-1129
24時間受付