善國寺について

  • TOP
  • 善國寺について
毘沙門天善國寺の沿革

善國寺が創設されたのは、桃山時代末の文禄4(1595)年で、今からおよそ400年を遡る。

初代住職は佛乗院日惺上人と言い、池上本門寺十二代の貫首を勤めた方である。
上人は、二条関白昭実公の実子であり、父の関係で徳川家康公と以前から親交を持っていた。
上人が遊学先の京都より、本門寺貫首として迎えられてから九年後の天正18(1590)年、家康公は江戸城に居を移し、二人は再会することになった。

そこで上人は、直ちに祖父伝来の毘沙門天像を前に天下泰平のご祈祷を修した。
それを伝え聞いた家康公は、上人に日本橋馬喰町馬場北の先に寺地を与えさらに鎮護国家の意を込めて、手ずから『鎮護山・善國寺』の山・寺号額をしたためて贈り、開基となられた。
ここに毘沙門天を奉安する、名刹・善國寺が誕生したのである。

徳川家の中で、法華経への信仰が厚いといえば、それは黄門様で有名な水戸光圀公である。
光圀公も、善國寺の毘沙門天様に信をお寄せになり、寛文10(1670)年に焼失した当山を麹町に移転し、立派に再建されたのである。
この縁由により、爾来当山は徳川ご本家、並びにご分家の三郷のうちの田安・一橋家の祈願所となったのである。

当山はその後も享保、寛政年間と類焼の厄にあい、殊に寛政4(1792)年の火事により、当、神楽坂へ移転してきた。
今から約二百年前のことである。
尚麹町の遺跡は、今の日本テレビ通り、麹町三丁目交差点の脇の歩道に建てられている黒御影の『善國寺谷跡』の石碑により、往時を偲ぶことができる。

毘沙門天様への信仰は時代とともに盛んになり、将軍家、旗本、大名へと広がり、江戸末期、特に文化・文政時代には庶民の尊崇の的ともなり、江戸の三毘沙門の随一として、《神楽坂毘沙門天》の威光は倍増していった。
当初は殆ど武家屋敷だけであった神楽坂界隈も、善國寺の移転に伴い、麹町より、よしず張りの店が九軒当寺の門前に移転するなど、除々に民家も増え、明治初期に花街も形成され、華やかな街になっていった。
明治・大正初期には、泉鏡花、尾崎紅葉、北原白秋など多くの文人・墨客達がこの辺りを闊歩し、大いに賑わった。
特に縁日の賑わいは相当なもので、人出のために車馬の往来が困難をきたし、山の手銀座と呼ばれるほど有名を馳せ、その混雑ぶりはまさに東京の縁日の発祥の地にふさわしいものであった。

昭和20年の東京大空襲は、首都を火の海と化し、当山も灰燼に帰するところとなった。
しかし、同26年には毘沙門堂を再建、46年には地元各位を始め、有縁の方々のご賛助により、威容を誇る本堂・毘沙門堂が完成し、戦災後の復興が果たされたのである。

毘沙門天は、インド出身の神様で、仏様、ないし仏法を守る役目を担い、四天王の随一として北方守護を司る。
また、多聞天とも号し、文字通り、参詣者の願い事を《多く聞いて》下さり、七福神のお一人として、日々福を授けて下さっている。

寺院概要

名称 宗教法人 善國寺
宗派 日蓮宗
所在地 〒162-0825 
東京都新宿区神楽坂5-36
墓地 東京都大田区池上本門寺大堂裏
電話番号 03-3269-0641
FAX番号 03-3269-1129
開創 文録四年(1595年)
代表者 嶋田 堯嗣
アクセス
【電車でお越しの方】
JR飯田橋駅 西口より徒歩7分
東京メトロ有楽町線・南北線 飯田橋駅 B3出口より徒歩5分
東京メトロ東西線 神楽坂駅 A1出口より徒歩6分
都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅 A3出口より徒歩6分
【お車でお越しの方】
神楽坂通りは午前中は坂上(大久保通り)から坂下(外堀通り)へ、
午後は坂下(外堀通り)から坂上(大久保通り)への一方通行と変わりますので、ご注意下さい

寺院風景

音に聞こえし 神楽坂毘沙門天創建四百有余年 徳川家ゆかりの名刹
音に聞こえし 神楽坂毘沙門天
創建四百有余年 徳川家ゆかりの名刹
毘沙門天は寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻にこの世にお出ましになったことから、寅毘沙と呼ばれる。石虎は本堂左右に鎮座している。江戸後期の作。
毘沙門天は寅の年、寅の月、寅の日、寅の刻にこの世にお出ましになったことから、寅毘沙と呼ばれる。
石虎は本堂左右に鎮座している。江戸後期の作。

お問い合わせ

TEL : 03-3269-0641
受付時間 9:00~18:00

FAX : 03-3269-1129
24時間受付